ロールスクリーン

トーソーロールスクリーン セーフティープーリー

インテリア商品のお子様の安全対策が重視されています。

この分野においては日本は遅れていまして、まだまだループ式の

コードの商品が多いのです。

メーカーもそれぞれ安全対策のための商品を開発していまして、

トーソーのロールスクリーン用のセーフティープーリーの紹介です。

ループ状になっているチェーンですが、そこに一定の荷重がかかると

プーリー部分が分離するようになっています。

小さいお子様がもし、このループに首を引っ掛けれもチェーンが

分離して首を絞めつけることはないようになっています。

オプションでプラス2000円(税別)ですが、安全は最優先しな

ければなりません。

 

クローゼットの間仕切りにロールスクリーンをつけています。

表側から見ると

 

生地はこちら側が表になるようにしています。

 

 

今日の話は役にたちましたか?

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ– 初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

このブログのトップ

 

最新のブログは こちらです。

 

当店に関するお問い合わせは こちら です。

 

 

地窓に目隠しロールスクリーン

最近は和室のある家も少なくなりましたし、地窓のある家もほとんど

みません。

地窓に障子がついているのですが、お客様が来られた時に和室に寝ていただく時に

明るいとのことでその前に遮光一級のロールスクリーンをとりつけて

暗くできるようにしました。

 

取り付け高さは床から75cmで、寝転んで操作しなければならず、

操作のやり方はニチベイのチェーン式でもプルコード式でもなく、

ニチベイの名称でいうチューブクリップにしました。

生地はニチベイN9176

 

今日の話は役にたちましたか?

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ

 

最新のブログは こちらです。

 

当店に関するお問い合わせは こちら です。

 

 

メカもの商品の安全対策への取り組みについて

12月になりました。

そろそろ年賀状のネタを考えなければならないのですが、今年は

いいアイディアがまったく浮かびません。

当店の年賀状は、毎年前年に起こった出来事を言葉遊びでおもしろおかしく

書いてリピーター様全員に送っており、それを28年間続けております。

その年賀状を毎年楽しみにしていますというファンの方もおられまして、

1年中ネタ探しをしています。

当店にとりましては年賀状はひじょうに重要なんです。

先日、仕入れ先から「年賀状廃止のご案内」というハガキがきました。

そこに「このたび弊社では 自然環境意識の高まり等を鑑み 誠に勝手ながら

2024年より年賀状を差し控えさせていただくことといたしました」と

いうことが書かれています。

 

「自然環境意識の高まり等を鑑み」で年賀状廃止ってなんなのよ~

 

SDGsへの取り組み等を言いたいのかもしれないのですが、

それならばわざわざハガキで送ってこなくていいのではないでしょうか?

メールで送るとか、この時期にハガキを送るならばあと1か月待って年賀状を

送って、そこに来年から年賀状による年始のご挨拶は控えると書いた方が

スマートだと思います。

 

この時期に年始の挨拶は控える案内を送るというのは「喪中はがき」みたいですね。

 

年始のご挨拶はメールにてさせていただきますという発想はまったくないのです。

 

別の仕入れ先からは同じ内容のファックスがきました。

 

いつまでたってもインテリア業界はカミ頼みなんです。

 

 

窓枠内にYKKapの巻き上げ式ロール網戸がついているのがあり、そこに

窓上壁にロールスクリーンを取り付けました。

そこで気づいたのがサッシ業界とインテリア業界における安全対策に

対する取り組みです。

ロール網戸の操作コードは1本のボールチェーンで、首に巻きつかない

ようになっています。

ロールスクリーンはループ式にボールチェーンで、チャイルドセーフティ

クリップがついています。

 

ループ式の操作コードの長さに関してはJIS規格というのがあります。

こちらをお読みください。

JIS規格によりブラインド等の操作コードの長さは床上がり1030㎜

操作コードの一番下が床上がり103cm以下になる場合は、安全性を高めるものを

取り付けなければなります。103cm以上の場合は対象外ですが、インテリア業界の

メカメーカーは今は全てのサイズに最初から取り付けてあります。

 

セフティクリップ(洗濯ばさみみたいなものでチェーンをたくし上げてはさむもの)を

用意することによって、メーカーとしての責任を回避しているのですが、ソファがあったり

すると小さいお子様が触って首に引っ掛ける可能性もあるのです。

網戸の方は1本のチェーンで、首に引っ掛からないようになっています。

そして、網戸本体にQRコードが貼ってあります。

それをスマホでかざすと

 

 

「安全に使うため」の注意書きや操作のやり方や動画等がその場で

スマホで見られるようになっています。

お客様のためを考えています。

インテリア業界の商品にもQRコードがメカ本体の目立たないところに

貼ってあって、それはお客様のためではなくメーカーのためでデータの

資料があるのです。

そして、そこにはホームページを案内しているのではなく、

お客様相談室の電話番号が書かれているのです。

 

びっくりします。

そしたら、QRコードなんか貼らなくてお客様相談室の電話番号を

貼っておけばいいのではというレベルです。

 

インテリア業界はもっと真剣に安全対策に取り組まないとダメです。

こういう問題は業界挙げてやらないとできないのです。

 

かくいう当店も恥ずかしながらカミ頼みなんです。

当店では独自にお客様に対して「製品を安全にご使用いただくための説明」と

いう紙を渡してサインをいただいています。

こちらで使っているイラストは当店でかいたものです。大手3社と

東京ブラインドでつくっている日本ブラインド工業会が作ったイラストの

使用願いをだしたところ著作権の問題で使用させてもらえませんでした。

メカ物商品の安全確認の確認書に関して

 

ニチベイ、タチカワ、トーソーのNTTと呼ばれる大手メーカーは

いがみ合いをせず、仲良くして業界発展のために尽力してほしいものです。

NTTコミュニケーションズですよ。

 

 

今日の話は役にたちましたか?

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ

 

階段吹き抜けに電動ロールスクリーン取付

前のブログにも書きましたが最近はお客様からI o T対応していますかと

言われることが多いのです。

こちらの現場のお客様もそうでした。

 

階段吹き抜けに電動ロールスクリーンを取り付けたいとのことで

近くのカーテン屋に相談されたそうです。

2回現場調査に来られたのですが、結局出来ないとのことで

当店に写真が送られてきてメールでやり取りをしました。

 

当店は高所取付と電動工事は得意としています。

 

窓枠内に電源の配線はしてありますがコンセントは設置されていません。

コネクターでつないでロールスクリーンの本体で隠します。

 

この場合は、電気工事士の資格がいります。

 

足場を組み立てる場合は、「足場の組立て等特別教育」の講習を受講

しなければなりません。

 

当店はすべて自社スタッフでできますので、安く早くできます。

当店独自で5年間の無料保証もしています。

タチカワの電動ロールスクリーンの赤外線送信タイプです。

 

今日の話は役にたちましたか?

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ

 

吹き抜けに電動ロールスクリーン取付

リビングの吹き抜けに電動ロールスクリーンを取り付けた話は今までも

何度もブログに書いてきていますが、最近はお客様の声として

I o T対応のメカでお願いしたいとよくいわるようになってきました。

 

I o Tとは、”Internet of Things”の略でモノのインターネットと訳されます。

住宅においては、スマホで操作できるとかアレクサやShiriのように音声で

操作できることをいいます。

 

インテリアの電動商品でいうならば、赤外線送信のものならばスマートリモコンを

使ってI o T化できますし、FM送信でも今やできるものが増えてきました。

スマートリモコン内蔵のメカも増えてきています。

 

最近はお客様の方が詳しい方がおられます。

来年はインテリア業界では、I o Tに精通していないとメーカーも業者も

生き残れないのではないかと思っています。

当店も経験を積むことによって日々勉強し進化していっています。

 

トーソーの赤外線送信の電動ロールスクリーンを使っています。

各窓の上にお客様の方で建築時にコンセントを設置していただいていたので

取付は楽でした。

 

当店は、アメリカ製の脚立をもっていまして、施工はすべて社員で

していますので吹き抜け・高所取り付けは得意です。

高所取り付け代も他社より安く、仕事も早いです。

 

 

お客様からGoogleの口コミに★★★★★の評価をいただきました。

 

階段吹き抜けに電動ロールスクリーンを取り付けた話はこちらです。

 

 

今日の話は役にたちましたか?

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ

 

遮光と遮熱の違い(ロールスクリーン)

10月9日㈪スポーツの日は休業いたします。

 

 

ロールスクリーンの遮光と遮熱の違いについて

 

遮光とは、光を遮り室内を暗くする機能のあるスクリーンで、一般的な

ロールスクリーンに比べて遮蔽することによる遮熱効果は高いです。

 

遮熱とは、赤外線をカットする商品で遮熱糸や特殊な糸が使われています。

採光性はあり、暗くはなりません。

商品によっては透過性の高いのもあります。

 

遮光ロールスクリーンの施工例

ニチベイのラフィ遮光(ホワイト)N9180

 

遮光2級の商品で真っ暗にはなりません。

閉めると室内から外は見えませんがロールスクリーンは上下昇降する

商品なので、途中でとめることによって採光することができます。

 

電動です。

普通に電動が多くなってきています。

 

遮熱ロールスクリーンの施工例

リリカラのロールスクリーン(メカはタチカワ)で生地はミディアム

程度で少し透け感があるものがついていました。

これだと閉めていても暑いとのことで、外が見えるレベルで遮熱効果の

高いものという要望がありました。

そこでニチベイのシルバースクリーン(N9275)を提案しました。

 

北面の4窓分と西面の2窓分を取り替えることになりました。

2窓分を1台で3台取付

左側の北面と真ん中の左より4窓分をシルバースクリーンに取り替えて

降ろした状態です。

透け感があって遮熱効果が高いのです。

そのかわり、夜は室内に照明をつけると外からは丸見えになります。

昼間は外からは室内は見えません。

上の画像は右の2枚は今までついているリリカラのもの

左はニチベイのシルバースクリーン

お客様は、現場で閉めた時に「ぜんぜん違う」とおっしゃていただきました。

瞬時に体感できるレベルで遮熱性がわかります。

 

ニチベイのロールスクリーンの資料ですが、遮熱効果の高さを

表す日射熱取得率ランキングというのがあります。

 

日射熱取得率とは

ガラスと生地を通じて、住宅に侵入する日射熱の量を表す数値です。

数値が小さいほど侵入する日射熱の量が少なく遮熱性能が高くなります。

 

透け感のない生地ではフェアフレクト遮熱という商品が一番効果があるの

ですが。製作幅が最大で2mまでしかできないのです。

 

 

 

遮熱という点では、遮光の生地より遮熱の生地の方が効果があります。

 

 

 

 

今日の話は役にたちましたか?

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ

 

規格外のロールスクリーンを作りました。

昨日書いた現場の話の続きです。

壁の正面の天井際にフラットカーテン1,5倍使いのウェーブスタイルを

取り付けて、窓枠内側に遮光2級のロールスクリーンを取り付けました。

商品はニチベイのラフィー遮光のN9I80 (ボトム袋縫いタイプ)を

取り付けました。

大きい窓の内サイズはW2550㎜×H2200㎜

小さい窓の内サイズはW255㎜×H2200㎜です。

大きい窓の方は何ら問題はないのですが、小さい窓はチェーン式でも

製作可能サイズの巾1に対して長さ8の1:8の比率を超えるため

製作不可で作れないのです。

小窓用のスリット窓タイプというメカもあるのですが、遮光の生地で

厚めのため、この生地では対応していないのです。

当たり前ですが、規格外はメーカーは対応してくれないのです。

他社の生地でも同じような遮光2級程度で白っぽいものでないかを

調べたのですがこの2つの窓に対応しているのはなかったのです。

小窓タイプで巾255㎜×長さ2200㎜はできるけど、逆に巾2555㎜の大きいサイズが

1台ではできないというのはあります。(最大製作巾2000㎜)

 

そこで、このようなサイズでもできるメーカーを探したところ、

調光ロールスクリーンでスリット窓ができるメーカーがあったので

取り替え生地セットをニチベイから購入して製作してもらいました。

 

操作はチェーン式ではなく、ループ式になりましたが、問題なく

製作でき納まりました。

別注製作したのは、巾255㎜高さ2200㎜の窓です。

操作はループ式ですが、安全対策のコード止めが一体としてあります。

 

お客様にはこちらの方がいいわと言って喜んでいただきました。

 

エンドユーザーにとっては

「あ そう?」で終わる内容なんですが、施工業者にとっては

メーカーの規格外のものを別注で作るに至るまではけっこう考えたのです。

 

「でけへん」「あきまへん」で何も考えないでいると、専門店として

生き残れないのです。

すべてはエンドユーザーのために何ができるのかを考えなければならないの

です。

 

 

別の部屋ではトーソーが今年(2023年)の7月にネクスティの新色「グレー」を

だしたのでそれを使いました。

 

壁がグレー色でフィットしたので、こちらも喜んでいただきました。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか?

役に立った場合は 下のバナーをクリック
           にほんブログ村 インテリアブログ インテリアショップへ/

 

planner_02/

//  instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテン–  スタッフブログ

 

 

このブログのトップ