先日、ご来店いただいたお客様は20年前に当店で買っていただいており、

FullSizeRenderその吊り替えなのですが、20年前の資料を一式持って来られました。

その中に当店が朝日新聞の情報紙である「朝日ファミリー」に載せた

広告もありました。

当時はインターネットも普及しておらず、ブログもありませんでした。

広告としては、折り込みチラシかポスティング、または新聞の記事広告

ぐらいでした。

今、当時の広告をみるとほんとうに恥ずかしいです。

訴えるものが割引率しかなかったのです。

今は、ホームページやブログがありますので、当店のアピールしたい部分や

こだわりの部分の情報発信ができますので、一切広告をしなくても

遠くからもご来店いただけます。

時代の変化に対応できたのでよかったですが、未だ割引率を

訴えて「安いよ安いよ」と言っていたら、「カーテン夢工房」は

なかったとおもいます。

 

さて、本題です。

先日、ニチベイのタテ型ブラインド(バーチカルブラインド)を

取り付けたお客様からお礼のメールと写真を送っていただきました。

 

おはようございます。

昨日はさっそく設置に来ていただき、どの窓もそれはそれは美しく

なりました!

ありがとうございました!

やっぱりネットで買うより御社にお任せして良かったです♪

商品価格もそんなに変わらないですし。  

 

実はお客様には事前にお話をしていなかったのですが、ちょっとした

こだわりの部分があったのです。

枠の内付けで内寸法が2004mmだったのです。

タテ型ブラインドの製作丈は1センチ単位で、この場合は2000㎜で

発注するか1990㎜で発注するかになります。

2000㎜で発注すると、床との隙間が4ミリになり、公差3㎜はOKの中、

ギリギリサイズでリスクもあるし、1990㎜にすると14㎜床から

上がってしまい、それも空きすぎなんです。

そこで、本来はブラケットを使ってとりつけるのですが、それを使わないで、

「直付け」という方法をとりました。

こうすると6㎜短くなるんです。そこで2000㎜で発注すれば、

製品丈は1994㎜になり、この窓に内付けすると

床との隙間が10㎜でぴったり感で納まるのです。

アルペジオ

 そのことを納品後にお客様にお伝えするとメールを

頂きました。

 

撮影は朝9時、朝日がとても美しく柔らかい影を落としてくれてました。
ハンターダグラスにもクリエーションバウマンにも負けてないですね、ニチベイ!笑
でもきっとこの2社だったらもーーっと美しいのでしょうね・・・^^;
 
 
うちの建築士さんは納まりやディテールにこだわっている方で、
細部こそが特に美しい設計なのです。
そこにこのブラインドの納まりったら。
もう完璧です!!

このブラインドの納まり部分を見ながらお酒飲めます、いやマジで。笑
 
正直なところ、カーテンなんてどこで買っても一緒やん、

と思っていましたが(すいません・・)この仕上がり、

6mmにプロフェッショナルの仕事を感じました。

 

 

 

 

お客様から送っていただいた写真。

IMG_7171

IMG_7166

こういうのはほんとにうれしいです。

ありがとうございます。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

「4月10日はインテリアを考える日」

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ