今朝、自宅近くのガソリンスタンドで給油をしたら119円でした。

随分安くなったなと思って写真を撮ったんですが、26号線を走っていたら

115円というのがありました。

DSC04062 IMG_2197

昨年なんかは160円ぐらいしていた時がありました。

それもそのはずで、昨年7月は原油価格が1バーレル当たり110ドル強していたのが、

今は、50ドル強ぐらいです。半値以下です。

でも、円安もすすんでいますので、思った以上には安くなりませんが、

それでもガソリン代が3割近く安くなったのはひじょうに助かります。

逆にインテリア業界は、輸入品は円安でずっと値上げできています。

クリエーションバウマン1月1日からまた値上がりしました。

昨年もあがっていますので、ここ近年ひじょうに高くなりました。

昨日のブログに書いたバウマンのバーチカルブラインドは1窓80万円ぐらいして

います。

ハンターダグラスも昨年10月に値上げしまして、これもひじょうに高く感じるように

なりました。

先日、ある仕入れ先から「値上げのお願い」という案内きまして、

「この価格を設定したときは平成23年1ドル80円の時でした。」と

書かれていました。その間、一度も値上げをしておらず、今回わずか10%の

値上げでした。

逆に「よくがんばったね。」と誉めてやりたくなりました。

 

これだけ円安になれば、音をあげたくなるのはわかります。ちゃう、

値段をあげたくなるのは理解できます。

 

それはいいのですが、円高になって儲けているときは値下げしてくださいよ。

輸入をしているメーカーは2〜3年前は為替差益だけでもぼろ儲けしていたはずです。

その時は一切利益を還元せずに、苦しくなった時だけ値上げとはいかがな

ものでしょうか?

私はインテリア業界に30数年いますが、値下げというのは経験したことがないです。

 【後述】失礼しました。値下げの経験のないのはカーテンの話で、

ビニールクロスと職人さんの賃金は思い切り下がっていました。

 

 さて、本題です。

 

先月、加工所に行ってきました。

当店の縫製で、少しこだわっているところを紹介します。

レース(正しくはボイル等の平織の薄い生地)の耳をヒートカットする

機械です。

DSC03830 DSC03833

これは、どこでもやっていそうですが、この機械をもっている縫製加工所は

少ないのです。

どうでもいいが動画です。

 

 耳をヒートカットしています。

そのため、折り返している部分からヒゲがでてこないのです。

下は当店の縫製です。

ヒートカット1

ヒートカット2

この耳の部分は3重になっています。ヒートカットしてあります。

下の写真は縫製にこだわっているメーカーの純正縫製です。

ヒートカットフィスバ3

ヒートカットフィスバ4

耳の折返しが半分までになっていて、糸がほつれてヒゲがでているのが

わかりますか?

こういう目に見えないところにこだわっています。

 

 

 

 

今日の話はよかったですか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

「4月10日はインテリアを考える日」

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ