左前

セントレジスホテルにみるカーテンレールの交叉ランナーの使い方

本日4月29日は休業です。

 

平成31年4月30日、令和元年5月1日も休業です。

 

令和元年5月2日、3日は営業します。

 

このブログは4月28日書いており、タイマー設定で4月29日にアップしています。

 

昨日のブログに関連する話でセントレジスホテル大阪のカーテンで

新しい発見をしまして、勉強になったことについて書きます。

 

交叉ランナーについてです。

 

交叉ランナーとは、カーテンの両開きで閉めた時に、真ん中からの

光漏れを防ぐために、ランナー(コマ)が交叉するように長くなっている

ランナーのことです。

先頭ランナーが突き出ています。

 

光漏れを防ぐために、このような交叉ランナーを使う場合と、

少し曲がったレールで交叉レールを使う場合もあります。

 

セントレジスホテル大阪の場合

右片開きに交叉ランナーを使って部屋側に出るようにし、

左片開きにも交叉ランナーを使って左側は窓側に突き出るようにしてあります。

この両方に交叉ランナーを使うというやり方はより重なる部分が多くなるので

理解できます。

私が関心したのは、先頭部分で生地を折り返していて、ふくらみを持たせて

密閉しやすいように考えていることです。

これは今後使おうと思いました。

 

当店の展示品はそのようになっていません。

 

交叉ランナーを使う時は、基本的には向かって右が交叉するときに前にくるように

します。

着物と同じです。

 

左を前にすると云々というように・・・・

「左前」というのは商売が傾くときにも使ったりします。

 

そのため、レールのトップメーカーのトーソーは右側に交叉ランナーを入れて

右のカーテンが部屋側に突出することをカタログで提案しています。

 

当店では、カーテンは右が前ですが、交叉ランナーは左側に入れて

窓側に突き出るようにすることを提案しています。

 

縫製にも工夫が必要なのですが、こうした方が、閉めた時にツラが

揃うのできれいと思っています。

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

 

 

帝国ホテル大阪のカーテン

今日から仕事です。

久しぶりにのんびりと休みましたので今日はなかなかエンジンがかかりませんでした。

休み期間中は遠出もせず、ゆっくりしていまして妻と近くのホテルで充電したり

していました。

DSC05382

ホテルでスマホの充電

仕事柄ホテルに泊まっても気になってチェックするのがカーテンです。

今回宿泊した帝国ホテル大阪のカーテンを紹介します。

お客様の中には、○○ホテルの部屋のイメージにしたいという方がおられまして、

大阪市内のシティホテルはほとんど泊まっています。

帝国ホテルも2回目で前回はオープンしたあたりの19年前に泊っています。

DSC05394

↑朝   ↓夜

DSC05389

DSC05399 DSC05387

DSC05388

レールはヨコタの電動レールです。当時のままで、その時は大阪では

ヨコタが帝国ホテルの電動レールを納めたことが業界では大きな話題でした。

それを見るために泊りに行きました。

電動レールでは当時はヨコタが一番優れていたと思いますが、その後

会社自体がなくなりました。

この当時の電動商品に比べると、今は数段よくなっています。

当時は気づかなかったのですが、よく見るとレールが左前に付けてあるのです。(部屋側からみて)

商売をしていますと「左前」というのはよくない言葉として使いますし、

着物も左前は亡くなったときの格好です。

普段使うカーテンレールの交叉ランナーも交叉レールも右が前なんです。

DSC05391

レールはそのままでしたが、カーテンは19年前と変わったと思います。

裾の部分だけ25センチほど生地をボーダー仕様になっていました。

これの意図することはよくわかりません。

1)インテリア性なのか

2)裁ち切りを間違えたのか

3)生地が足らなかったのか

いずれにせよ、おもしろい使い方なので今度提案してみよう〜と。

 

たぶん、上部のボックスの奥の壁部分を隠すために生地を横使い

(ボーダー仕様)されているため、それと合わされたのではと思います。

DSC05395

 

DSC05384 DSC05385

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ