LINEが格安スマホを販売するというのがニュースになっていました。

月500円からというのが話題ですが、この価格ではデータ通信が1ギガのみで、

LINE通話以外の音声通話はできないし、新たに手に入れようとすると端末機も

必要になってきます。

決して安いというわけではないと思いますが、LINE側にとっては、

スマホが普及しない限り、LINEの登録者が増えないという現状があるのです。

日本の場合は、他国に比べてスマホの普及率が低くて5割台だそうです。

スマホの利用者の9割が無料通信アプリ「LINE」を利用しており、国内での利用者は

6200万人です。

私もよくLINEを利用しています。

携帯メールはほとんどしなくなり、LINEばかりです。

 グループをつくると、イッキに大勢の人に伝えることができます。

我が家は家族全員のグループがあり、長男と我々夫婦、次男と我々夫婦のグループが

あり、個別のやりとりもあり、使い分けができて便利です。

また、グループ電話は最大200人まで同時に無料で電話のやりとりができます。

家族4人が別々のところに居ても同時に電話ができるのです。

海外から電話するときも無料で、きれいに聞こえます。

私がLINEを活用している中で、便利な使い方として、私一人だけが参加者の

小嶋のメモ」というグループを作っています。

スマホで調べものをしていて、重要なことはページの下部にある「共有」の

LINEのところをタップして、そのURLを「小嶋のメモ」のグループに飛ばして、

後でじっくり読んだりします。

「お気に入り」機能として使ったり、「メモ」機能として使っています。

 

さて、本題です。

 

昨日、プレーンシェードの縫製が昔と比べて進歩した話を書きましたが、

シェードのメカはもっと進歩しました。

発売当初はコード式しかなかったのが、ドラム式ができて、ツイン」タイプ(ダブルタイプ)が

でき、それもコード式からツーチェーンのドラム式になり、今はツインタイプの

ワンチェーンのドラム式が主流です。

 

インテリア業界では圧倒的なシェアのあるトーソーのシェードのメカで

クリエティドラム式ツインタイプワンチェーンのメカが改良されました。

6月から発売になったのですが、当店の加工所の在庫の関係で当店では

9月2日出荷分から新メカで出荷するようになりました。

DSC02990

これが新しいメカのプーリー(操作部)で下の写真の左が旧メカ、右が新メカです。

DSC02993 クリエティワンチェーン改良版

エンドユーザーの方にはなんのこっちゃ、さっぱりわからないと思います。

エンドユーザーにアピールできる点は

操作がひじょうに軽くなりました。

現場で操作位置の左右交換ができるようになりました。

今までのトーソーのツインのワンチェーン式は、操作の右左の交換は

それ用の部品を取り寄せないと現場ですぐに交換はできませんでした。

これが、今回のメカからは現場で交換できるのですが、タチカワの

ダブルタイプのワンチェーンのように簡単ではなく、私が初めてやるのに

マニュアルを見ながら23分かかりました。

1度やれば、販売店のスタッフでもできると思いますが、エンドユザーが

簡単にできるレベルではないです。

店内に新メカの商品を展示しています。

DSC02995

DSC02997

 

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ