カボスぶり

こだわりの縫製【2】裾は2本糸の掬い縫い

大分県臼杵市はかぼすが名産なんです。

私ども関西人は柑橘類といえば、徳島のすだちで、23年前までは私はカボスを

食べたことがなかったのです。

それが今やカボスは大好きで、これを絞ったものがあるのとないのとでは味が違って

いい隠し味になっています。

そのカボスの皮を餌にしてぶりの養殖が臼杵市で行われています。

昨年、それを知って取り寄せたところ、めちゃくちゃおいしかったのです。

そこで、今年は朝から養殖場の工場に行って一尾買って帰りました。

それを大阪の黒門市場の贔屓の魚屋さんで3枚におろしてもらって、ぶりしゃぶ等に

して食べました。

IMG_6386_R IMG_6398_R

養殖場からとってきたぶりを締めて1時間ほど氷水の中で泳がしておきます。

IMG_6402_R

大阪に帰ってきて、黒門市場でクエを買って、高校の同級生とぶりしゃぶと

クエ鍋をしました。

IMG_6447_R IMG_6448_R

 

さて、本題です。

当店のオーダーカーテンの縫製でこだわっているところを説明するシリーズです。

今回はカーテンの裾のすくい縫いについてです。

 

ふつうのミシンで縫うのを本縫いといいまして、掬い(すくい)縫いミシンで

縫うのをすくい縫いといっています。

すくい縫いをすると糸が表側に見えにくくなりきれいのです。

一般的なすくい縫いは1本糸ですが、当店の縫製は2本糸のすくい縫いです。

すくい縫いは糸が表に出ないのできれいに見えますが、欠点として、切れると

全部抜けるという問題があります。

それを防ぐのが2本糸のすくい縫いです。

今は、メーカー縫製で2本糸のすくい縫いをしているのは、昔から縫製に

こだわっている日本フィスバぐらいではないでしょうか?

というのは、この2本糸のすくい縫いミシンを作っていることろが辞めてしまった

ため、新しくミシンを手に入れることができないのです。

DSC04515

 どうでもいいが動画です。

 当店の場合は、裾の折り返しの部分をドレープは標準仕様で2本糸のすくい縫いを

しています。

その違いです。

画像の左側は裏側で、右側が表側です。

よくわかるように、わざと赤色の糸を使っています。

『本縫い』

cba0d830-s

『1本糸のすくい縫い』

941d3e98-s

『2本糸のすくい縫い』

b8399089-s

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

感動を呼ぶタイマー付き電動ロールスクリーン

当店の縫製加工所は大分県の臼杵市にありまして、先日行ってきました。

行きのフェリーに臼杵市のパンフレットがありまして、今「かぼすブリ」が

臼杵名産として全国から注目されているということが書かれていました。

「かぼすブリ」というのは、臼杵の名産であるカボスを餌にして

の養殖をしているというものです。

柑橘類に含まれているポリフェノールやリモネンがぶりを長持ちさせて

美味しくなるという効果があるようで、愛媛県などでは「みかんブリ」や

「レモンブリ」が先行して販売されていて評判です。

この「かぼすブリ」をお土産に持って帰りたいと思ったのですが、その日は

手に入れることができず、送ってもらうことにしました。

それが送られてきました。

IMG_4323_R IMG_4317_R

IMG_4319_R IMG_4322_R

自分ではおろすことができないので、黒門市場の魚屋さんに持って

行って3枚におろしていただきました。

ぶりしゃぶにして食べましたが

めっちゃ美味い。

カボスの味がするのかなと思ったけど、それはしませんでした。

魚屋のにいちゃんからは、関西ではこのぐらいの大きなならば

「はまち」やで、「めじろ」より小さいでと言われましたが、

大分では名産品のかぼすとブリをうまく掛け合わせて

「かぼすブリ」として売り出したアイデアが素晴らしいと思いました。

 

さて、本題です。

吹き抜けにタイマー付き電動のロールスクリーンを取り付けました。

数年前からお住まいなんですが、玄関上の吹き抜けが西側に

面しており、夏の西日対策と冬の寒さ対策になにかを取り付けたい

とのことでした。

吹き抜けなので、電動のものをつけたいのですが電源がありません。

そしたら、お施主様の方で電気屋さんを手配していただき、

コンセントも作っていただきました。

DSC00455 DSC00456 DSC00457

電源さえあれば、電動商品をとりつけるのは簡単で、コンセントに

ただ差し込むだけです。

お施主さまは、以前に書いた私のブログを読んでいただいており、

タイマー付きでやりたいとのことでした。

 

インテリア商品の電動でタイマー付きはまだ少ないのですが、これは

ひじょうにいいアイデアで、事前に時間を設定しておくと、その時間に

自動的に開閉します。

西日対策の電動ロールスクリーンや、防犯や省エネ効果をあげる

電動カーテンレールにタイマーをつけることができます。

DSC00459

タイマーは8800円(税抜)で、お値段以上の価値があります。

今回はニチベイの電動ロールスクリーンにタイマーを取り付けました。

DSC00468

コンセントまではモールで隠して配線をしています。

DSC00462

DSC00467

施工後、操作のやり方やタイマーを実際に時間設定をして

動かしてみたところ、お施主さまは感動していただきました。

わずかなことで、こんなに感動していただけるのはひじょうに

うれしいことです。

もっともっと、こうした商品をエンドユーザーに伝えていかなければ

ならないと強く思った次第です。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ