同業の千葉の「彩雅」中嶋透さんのブログ「窓装飾専門店彩雅オフィシャルブログ」で

話題になっていた「ウエイトの糸のカラー」がインテリア業界で話題に

なっています。

話題のブログはこちら。下の写真は中嶋さんのブログからお借りしています。

e0133255_19284997

e0133255_19295689

ドレープの色の黒に合わせてレースのウエイトロックの色を黒にしたという

提案です。

すばらしいアイデアだと思います。

これがフェイスブックで話題となりました。

中嶋さんは、JAY BLUEの三宅利佳さんが4月に書かれたブログから

アイデアを拝借したという話になり、次々に先駆者が名乗りをあげてきたのです。

20年前から名古屋のメイクスの石黒さんはやっていたところまでわかりました。

そこで、NIB(日本インテリアブロガー)として

呼称を統一して、広くエンドユーザーに勧めようということになりました。

その結果、これを「シェアライン加工」でNIBとしては統一して

エンドユーザーに情報発信していこうということにしました。

みんなでシェアして広めて行こうという発想でJAY BLUEの三宅利佳さんの

命名です。

私は後から名乗りあげてわかった先駆者の石黒さんの名前から

「ブラックストーンロック加工」でもいいかなと思ったのですが、

皆が好き勝手に名前をつけるとNIF(日本インテリアファブリックス協会)

になってしまうのです。

 

 

日本インテリアブロガー(NIB)の皆さま

今後この提案をされるときは、「シェアライン加工」として情報発信

していただけますようお願いします。

「シェアライン加工」とは、レースにウエイトロックをするときに

レースの色に合わせるのではなく、ドレープ(厚手カーテン)の色と

合わせてコーディネートすることをいいます。

ドレープとシェアするレースの加工という意味もあります。

 

さて、本題です。

 

リビングに大きな掃出しの窓があって、そこには普通にドレープと

レースの両開きのカーテンをつけました。

小さな窓2つにはドレープでプレーンシェードをつけまして、その場合、

レースをどうするかという話です。

DSC06312

DSC06313DSC06320 DSC06321

小さい窓2つにはプレーンシェードをつけました。

DSC06325

レースはエバ柄を使っていますので、枠内側にテンション棒で

カフェカーテン風にしました。

DSC06327

DSC06328

 ちなみにタッセル(タイバック)は女性の髪を束ねるシュシュ風に

しました。

DSC06316

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ